徒然ジャニ

Sexy ZoneとTravisJapanを応援するブログ

朝日くんが大好きでしょうがない。だからこそ7人を応援すると決意した話

少クラリアタイしました~!!!!

 

セクゾの新曲めちゃめちゃかっこよくてアイドルだったから冷め期が終わったって話はまた今度~!!!

 

河合郁人くんが「次のステージはTravisJapanです。」「僕も大好きな曲です。」って言って夢のHollywoodが紹介された時は河合くんが神に見えました。

初めてのオリジナル曲を先輩が大好きって言ってくれるってこんな嬉しいことないんじゃない?!

そこから始まった夢ハリは私が初めて見た形で始まり、、、私の涙腺が壊れ始めたの。

 

めちゃくちゃ最初物語の始まりかと思ったよ別の曲かと思ったよ。

スモークの中から人影が現れてV字形に広がっていった時「うわぁトラジャァ」ってなりました。

そしてお馴染みのあのイントロのところは

朝日くんがいたらあっという間に過ぎていったであろう時間だった。

「We go to Hollywood yeah yeah yeah」

のところまでものすごく長く感じた。

イントロに限らず曲全体がゆっくり流れていったような感じがした。

朝日くんのパートは5人によってカバーされて、松松は代わりではなく立派なメンバーだってことを教えてくれた。

朝日くんがいたところ、朝日くんが歌ったところ、それが消えたんじゃなくて、むしろ残りすぎているような感じがした。

もう表には出てこなくても、きっとこれは朝日くんにとって大事な曲。

それを5人が教えてくれたんだよ。

「過去と別れを告げて」のところで松松が捌けて五人になる瞬間、それが今まで彼らが辿ってきた数々の思い出を表現してきてた。

「明日はない覚悟して今日を生きよう」

はうみくんのソロになった。永久欠番なんだって分かった。今はもう見えない彼が見えたような気がした。

六人で初めてテレビで披露した時も

朝日くんの最後の出演になってしまった時も

そして昨日も

夢のHollywoodを披露しているTravisJapanは前に進んで同じパフォーマンスなんてひっとつもなかった。

毎回毎回更新される彼らの強さがファンを惹きつけるんだろうな。

顔つきもどんどん大人びていく。

他のユニットのメンバーと年が変わるわけでもないのに、この5年間様々なことを経験してき5人には他のユニットのメンバーとはちがうかっこよさがあって強さがあってついていこうって思えた。

松松もトラジャに入る、っていう決断はものすごく勇気のいることだったと思うし、今でも受け入れられているのか不安な状況なんじゃないかと思う。血のにじむような努力をしてトラジャのダンスに寄せてきた二人は大きなものをつかむことが出来たんだろう、そう伝わってくるパフォーマンスだった。

七人がそれぞれにそれぞれの壁を乗り越えて

新生TravisJapanが夢のHollywoodを披露した、7人はものすごく強かった。

 

頼もしかった

誇らしかった

輝いていた

そんな彼らについて行かない人なんて何を考えているんだろう。

 

とは言っても私はぎゃーぎゃー騒いで口に出さないとついていこうと思えないようなガキヲタクだから、泣いては笑って、急に昔に戻りたくなって、誰も大人になんかならないでって思ったりする。

誰一人大人になって欲しくなんかなかったんだ。大人にならざるをえなかったとしても、やっぱり寂しい。

寂しいのを繰り返してその度に強くなって、前を向いてまっすぐ突き進むヲタクになれたらいいな。

トラジャ最高だよ!!!!

 

 

言ってることごちゃごちゃしてるけども

朝日担はやめません!!!!!好きは更新されなくてもすきな気持ちはかわらないから!!!だってさ、朝日くんがいないから代わりに◯◯くんを応援します!なんて、寂しいじゃん、失礼じゃん!朝日くんはオンリーワンな存在!おういぇー!彼がどんな道に進んでようと、所在がわからなくても、おじいちゃんになっても大好きだよ!