徒然ジャニ

Sexy ZoneとTravisJapanを応援するブログ

なんだか

美勇人くんがトラジャから抜けてしまったと思われる今日この頃。

 

去年のことを思い出しました。

トラジャは9人だと信じて疑わなかったあの頃。

買った雑誌に8人で映るトラジャを見た私は焦りすぎて「阿部顕嵐 退所」と、ググッたんだっけ。

ほかのページに映る顕嵐くんを見て

「ああなんだ、生きてるじゃないか」

って安心すると同時に

「あなたは誰?」

って思っていた。

私の知る阿部顕嵐は、

Travis Japanの弟組で、あらちかシンメの尊い、美青年の、可愛らしい面をたくさん持つ阿部顕嵐だけだったから。

Love-tuneで、帝王感をばりくそにだして、歌っていて、この前まで4人だったグループで笑っているのが信じられなかった。

今となっては、それが当たり前で。

でも、当たり前じゃなくて。

Travis Japanはみんなで集まる、となると「顕嵐もよぼう!」って言って

顕嵐もそれに応えるように、トラジャのこととなるとニコニコして話してて。

「自分で決めた道」って言うのは、「トラジャが嫌になった」っていうことではないんだなって、自分の妄想の一人歩きにちょっと反省しました。

トラジャという私の大好きなグループに、顕嵐がいた事は過去のことになっても、そこに存在していたという事実は変えようがないわけで。それなら、何人で踊ろうと、阿部顕嵐はどこかにいるんだから、と。

 

顕嵐くんが抜けたあと、埋めなきゃならない隙間を埋めたメンバー。

拡輝君がやめたあと、彼の形を必死で守ったメンバー。

美勇人くんが居なくなって、ぽっかり空いてしまうトラジャ家の部屋。

3人分の部屋が空いてしまったトラジャ家は、きっといつでも彼らを迎え入れているのだろうと思う。

たとえるなら、

娘が独り立ちしたものの、そのままで生活するのは寂しいので、週末ごとに呼び出して家族旅行をしているような。

 

 

自分でも何言ってるかわからないけど、

トラジャは不滅であるということ。

誰がなんと言おうと、私の望む形でなくとも、トラジャは9人であること。

拡輝、如恵留、しめ、美勇人、閑也、海人、顕嵐、ちゃか、朝日

この子達が永遠に輝き続けられることを願わずにはいられない、ただの重いヲタ。

 

たぶん、SNSをしていなかったら、

またやっていたであろう去年のようなこと

「森田美勇人 退所」と打ち込まないですんだことだけは感謝しています。サンキューSNS

悲しいことも嬉しいことも、茶の間な私にはSNSでしか情報を得ることが出来ない。

時折流れてくるレポの中に見える、「顕嵐」という言葉が、トラジャにいる自担が好きなヲタにとって大切な宝物です。