徒然ジャニ

Sexy ZoneとTravisJapanを応援するブログ

森田美勇人くんについて

先日

 

Johnny’s You & Me island

の制作発表会見が行われましたね。

帝劇の屋上で行われたそうで

略し方どうなんるんだ?ユーアイ?

 

 

 

ここからはトラジャ担としての贔屓目が入るかもしれないのでラブ担の方は覚悟をお願いします(もしくは回れ右を)  

 

 

 

そこで気になった場面

  • トラジャの場所に6人しか居ない
  • 如恵留君の「6人」発言
  • ラブトラの位置がシンメ

 

 

 

 

  • トラジャの場所に6人しかいない

トラジャは今まで九人で活動してきましたが

 

顕嵐くんがLove-tuneへ移籍

 

した事で8人に

 

拡輝くんが退所

 

して7人になって活動してきた事は周知の事実だと思います。

 

まあ、Love-tuneが結成された当初から

森田美勇人君は掛け持ちで「ジャニーズイチ忙しい」「日本で一番忙しいJr」「推しJrよりも忙しい」などと形容されることもしばしばで

ラブトラ担は「いつかどっちかを選ばなきゃいけない」ということを覚悟してきたと思います。

まさかこんな早くに来るとは。

今回限りか、これから半永久的にかはまだ未定ですが様子を見ていかなければなりませんね

 

 

  • 如恵留君の「6人」発言

もし今回限りであるならば何かしらの言及があるはずです。

トラジャのインタビューの際如恵留くんは 

 

「TravisJapanとして、僕達の揃ったダンスを、タップダンスとか新しい形で表現できたらいいかなと思っています。皆さんに楽しんでいただけるよう、6人で頑張っていきますのでよろしくお願いいたします」

 

とコメントしています。

気づきましたか?

『6人で』という言葉に。

 

まるでこれからトラジャは6人で活動していくというような宣言にも取れますよね。

 

 冗談じゃない

 

 

 

  • ラブトラの位置がシンメ

 

今までなら森田美勇人君がかけ持ちしているということでラブトラはいつも隣同士でした。Jr祭りのグッズであるクリアファイルも隣(というか上下?)です。

ジャニアイのパンフレットもです。(美勇人くんが間にいる感じ。) 

 

このように完璧に離れているというのは初めてのことではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

ラブトラの掛け持ちで忙しかったであろう美勇人くん。いずれかは選ばなければならなかった訳ですが。

確かに、Love-tuneだと推されているのでオリジナルの衣装も何着かある。オリ曲ももらっている。

対してトラジャはどんどん人数が減るし、オリ曲も貰えなかったので

「ないなら作ればいいじゃない」という如恵留様の発言の元できたオリ曲のみ。

少年収にもいるかどうかのチェックが要るようなユニットです。

 

ジャニーズとしてデビューしたいと思ったり有名になったりしたいと思うなら私でもLove-tuneを選んでしまうかもしれない。

けれど五年近く一緒にいた仲間達のことを考えると、トラジャから離れることは出来ないのではないかと私は思いました。

 

 

美勇人くんはつい最近

「最後のひとりになってもTravisJapanでいたい」

という発言をしています。

なので、このようになってしまったのは美勇人くんの意思ではないと信じたい。

この期間だけであるということを願いたい。

これ以上トラジャから大切なものを奪っていって欲しくないと思います。

 

ラブ担、トラ担のTwitterを見てみましたが色々バトルがあるようです

「ベースがいなくなったら成り立たないんだよ?」

と言うラブ担に対し

「トラジャのダンスは森田くんがいないといけない。もちろん顕嵐くんも仲田くんも」

というトラ担。

どっこいどっこいですね。

ファンがTwitterで喧嘩したところでこの現状が変わるとは思えませんが、みんな自分の意見を言いたいんでしょう。

私だって言ってますしね(笑) 

 

ラブ担はLove-tuneが色々言われることで沢山思うことがあると思いますが、言われてるだけならいいのでは?と思ってしまう自分がいます(ごめんなさい)

 

トラ担(私も含む)は今までたくさんの涙があったと思うんです。トラジャが結成された時から応援している方もいます。最近応援を始めた人もいます。

兄組がいないトラジャを経験してきて、弟組しかいないそんな時もあった。

9人でのトラジャがジャニーさんに「9人でのダンスがいいね」と言われたこともあった。

その後すぐに顕嵐くんがLove-tuneへ移籍。

ジャニアイを最後に拡輝君が退所。

何があってもここまで応援してきたトラ担を私は尊敬しています。

 

「本人がいる場所を応援する」と言っていた過去の私を殴りたくなるほど今私は「9人」のトラジャが恋しい。9人でまたshelterを披露してくれないかな。そう期待している自分がいる。9人で揃ったダンスを一回も生で見れなかったこと。それが私の後悔。

Love-tune担にも色々経験してきたことがあると思うんです。

上から目線かもしれない。けれど

7人で輝いているLove-tuneは当たり前の事じゃない。そういうことを知っていてほしい。 

全員が揃っていることは当たり前じゃない。

トラ担にとっての全員は 

 

 

という九人が揃っていることを指すんです

ラブ担はLove-tuneが悪いように言われてキツイかもしれない。

きつい事の大きさは比べようがないかもしれない。

けれど、ラブ担がきついようにトラ担もきつい。そういうことを知っていてほしい。

お互いに貶し合うんではなくて、今は今後の動きを見て発言することを大事にしませんか?お互いに。

 

こんな私が言うのもダメなことかもしれない。

グダグダと書いてきたけどこれが私の意見

私だってキャパを超える時は言ってしまうかもしれない。

けれど、他人の意見は他人の意見として自分とは関係ないということにしておきましょう。

 

以上!